MENU

AGAで若ハゲになったら始めたい2つの対策方法

 

生え際の後退や、頭頂部の薄毛など、まだ20代なのにAGAによる若ハゲになってしまったら、できるだけ早く対策を始めることが大切です。

 

AGAによる若ハゲは、進行型で放置していると酷くなる一方ですからね(泣)

 

とはいえ、適当な対策を行っていてもなかなか結果を得られません。むしろ、時間もお金も無駄になるだけなので注意しないといけません…(経験談)

 

では具体的に、AGAによる若ハゲの場合、どのように対策すればよいのかご紹介していきます。

 

プロペシアで抜け毛を抑える

 

 

AGAの進行をストップさせるためには、薄毛治療薬のプロペシアを服用する必要があります。プロペシアは、一日一錠服用することで、抜け毛を抑えてくれる薬なんですね。

 

生え際の後退や、頭頂部の薄毛が気になり始めたら、まずは専門医を受診してプロペシアを処方してもらいましょう。

 

ただし、10代ではプロペシアの服用は禁止されているので服用することはできません。

 

また、20代でのプロペシア服用は、長期間の服用にりますし、副作用の恐れもあるため、躊躇する方も多いと思います。
私も24歳で薄毛が気になり始めてプロペシアを服用しようかどうか悩みましたが、専門医のアドバイスで「まだ大丈夫」だといわれたため、プロペシアを使わないで対策に取り組んでいます。(参考:20代 プロペシア

 

どちらにしろ、プロペシアの服用について考えている場合は、まずは専門医を受診することをおすすめします。
そのうえで、次の方法も併用して行うことが、AGAによる若ハゲ対策には必要ですよ。

 

育毛剤を使って対策を行う

 

 

抜け毛を抑えたら、今生えている産毛を育てるために育毛剤を使うことが重要です。

 

プロペシアの服用をしないで対策を行う場合は、育毛剤と一緒に育毛サプリメントを利用するといいですね。ちなみに私も、現在はプロペシアを使わずに育毛剤・育毛サプリメントを使って対策に取り組んでいます。

 

AGAによる若ハゲが気になる場合、「1、抜け毛を抑える(予防する)」「2、産毛を育毛促進する」この2つが重要です。

 

若ハゲの場合、プロペシアの服用を躊躇する方も多いと思いますが、どうしても気になる場合は、専門医を受診して相談すると良いですね。今のあなたの頭髪状態を見て、服用すべきかどうか意見をくださるかと思います。

 

プロペシアを服用した場合でも、それだけではAGAによる若ハゲ対策としては不十分です。今生えている髪をしっかりと育てるために、育毛剤を使った対策を行わないといけないんですね。

 

プロペシアを服用した場合も、服用しない場合も、育毛剤を使った育毛促進は忘れてはいけないですよ。

 

私が現在進行形で使っている育毛剤をはじめ、おすすめの育毛剤については次のページで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

>>> 若ハゲ 対策