MENU

若ハゲで生え際のM字後退が気になったら始めたい対策方法

 

10代や20代前半で生え際がM字に後退するのって、辛いですよね…。

 

私も24歳で生え際の後退が気になり始めてから、これまでに様々な対策を行ってきました。

 

初めはネットの情報に踊ららせたまま、適当に育毛剤や育毛シャンプーを買いましたが全く効果がなく…

 

いろいろと調べて正しい対策を行った結果、なんとか今でも現状維持をキープできています!

 

若ハゲの生え際後退の対策で必要なことは、たったの2つです。
逆に言えば、この2つをしっかりと行わないとお金も時間も無駄になるので気を付けてくださいね(経験談)。

 

では具体的に、若ハゲの生え際対策に必要な2つについてご紹介しますね。

 

抜け毛の予防を行う

 

生え際の後退が気になり始めたら、まずは抜け毛の予防を行うことが重要です。

 

実は、適当に育毛剤を使ったり、育毛シャンプーを使っても効果を感じられないのは、抜け毛の予防成分が配合されていないものを選ぶから。

 

いくら育毛剤やシャンプーを使っても、そもそも抜け毛を予防できないと意味ないですからね。

 

抜け毛を抑える方法として最近では、薄毛治療薬のプロペシアが有名になってきました。プロペシアは、毎日一錠飲むだけで抜け毛を抑える効果がある薬なんですね。

 

本格的に抜け毛を抑える場合、プロペシアの服用は欠かせません。

 

しかし、プロペシアには、「精力減退」「勃起不全」といった副作用がありますし、服用をやめると薄毛が進行してしまうので一度服用し始めるとずっと続けないといけないんですね。

 

私も、薄毛が気になり始めた24歳の時に、皮膚科を受診してプロペシアについて相談したんですが、皮膚科の先生から「まだ若いし、薄毛もそこまで心配しなくて良い」と意見をもらいました。
そのため、現在でもプロペシアを使わずに薄毛対策に取り組んでいます。(参考:20代 プロペシア

 

プロペシアを使わないで抜け毛の予防を行う場合、育毛剤と育毛サプリメントを使うことが必要です。
私は毎日両方使っているのですが、何もしない時と比べると変化をしっかりと実感していますよ。

 

生え際の後退対策には、抜け毛の予防効果のある育毛剤を使うことが大切です。

 

育毛促進を行う

 

抜け毛の予防と同時に行う必要があるのが、育毛促進です。

 

生え際のM字部分をよく見てみると、うっすらと産毛のような短い毛が生えていますよね。

 

実は、この短い毛をしっかりと育毛することが生え際の後退対策には必要なんですね。

 

先ほどご紹介した薄毛治療薬のプロペシアを服用する場合も、かならず育毛剤を使ってしっかりと育毛促進する必要があるんですね。

 

「プロペシアは生え際に効かない」という人もいますが、そういう人に限ってプロペシアだけを服用して育毛剤を使っていないことが多いです。

 

プロペシアは、抜け毛を抑えるのが効果なので、育毛促進効果はありませんからね。

 

 

若ハゲの生え際後退対策には、上記のように「1、抜け毛を予防する」「2、育毛促進を行う」この2つを同時に行わないといけないんですね。

 

20代の場合…

  1. プロペシアを服用して抜け毛を抑える又は、プロペシアが心配なら育毛サプリを飲む
  2. 育毛剤を使って抜け毛予防・育毛促進を行う

このように対策することが重要です。

 

10代の場合…

  • 育毛剤と育毛サプリメントを使って対策を行う

このように、対策することが重要です。

 

プロペシアを服用するかどうかは、あなたの判断ですが、どちらにしろ育毛剤を使った対策が必要となってきます。

 

若ハゲの生え際後退におすすめの育毛剤は、次のページで詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

>>> 若ハゲ 対策