MENU

若ハゲ・AGA治療なら治療実績が豊富なこの4病院がお勧め!

 

24歳にして若ハゲが気になり始めたので、近所の病院で薄毛治療についての説明を受けに行ってきました。

 

結論からお伝えすると…
近所の皮膚科よりも、AGA治療を専門に取り扱うAGAクリニックで薄毛治療を受けた方が間違いなし!です。

 

AGA病院選びで大事なことは、「どれだけ多くの患者さんの治療実績があるかどうか」です。

 

単にプロペシアやミノキシジルを処方するだけではなく、一人一人に応じた治療を受けられるAGA病院を選ぶことをお勧めします。

 

ただし、AGA病院は長期間通院することになるので、適当に選ぶのではなく、次の3つのポイントをクリアしている病院を選ぶことをおすすめします。

 

若ハゲ・AGA治療にお勧めの病院の選び方

 

治療費が明確にホームページに記載されている!

最近では、医療費ローンなどが問題になっており、高額な治療費を請求されることが問題視されています。

 

AGAクリニックを選ぶ場合も、必要な治療費が明確に決まっているところを選ぶことをおすすめします。

 

ホームページなどに必要な治療費が記載されている場合、それ以上請求される心配はないので安心して通院できます。

 

通える範囲にある!

AGAクリニックは、毎月1回通院することになるので、無理なく通える範囲にある病院を選ぶことをおすすめします。

 

あまりにも遠方にある場合、通院が出来なくなってしまう恐れなどがあるため、通える範囲の病院をチェックしてみましょう。

 

とはいえ、月に1度なら少し遠くても通える!という方もおられるかと思いますので、利便性も確認しておきたいですね。

 

無料カウンセリングなどを利用して決める!

個人的にめちゃくちゃ重要だと思っているのが、「実際に足を運んで病院の雰囲気をチェックしてから決める」ということ。

 

AGA治療は、毎月通院するため、医師や病院に満足できない場合は、なかなか継続するのがつらくなってしまいます。

 

そのため、いくつかの病院に実際に足を運んで、納得できる病院で治療を受けることをおすすめします。

 

最近では、AGA治療を行っている各病院が「無料カウンセリング」を行っているため、無料で病院の雰囲気を確認できます。いくつか行ってみて、満足できる病院で治療を受けるようにしましょう。

 

では、これら3つを踏まえたうえでお勧めのAGAクリニックを4つ厳選してご紹介いたします。

 

下記4つの病院は治療実績が豊富なため、失敗するリスクがウンと下がります。

 

予約制のクリニックのみをご紹介しているので、都合の良い日時でまずは予約し、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

銀クリ(銀座総合美容クリニック)
公式サイト(gincli.jp)

AGA専門クリニックとして知名度・実績の非常に高い病院です。

 

針を使わないノーニードル育毛メソセラピーなど、最新のAGA発毛治療を受けられるのが他のクリニックとの大きな違いとなっています。

 

東京一店舗のみとなっていますが、県外からも多くの患者さんが来る人気のクリニックです。

 

無料カウンセリング AGA内服・外用薬治療(1ヶ月あたり) 育毛メソセラピー(1回)
7,020円〜18,900円 19,440円
場所 補足
東京都港区新橋 治療費が安く、利便性が良いため、県外からの患者さんも多い!

 

AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

テレビCMでも話題のAGA病院が「AGAスキンクリニック」です。医師自らが薄毛治療薬を使って治療を行っておられるため、より親身になって診察・意見を行ってくれると好評です。統括診療部長の麻生泰さんは、著書も執筆しているため、若ハゲについての知識を深めたい場合は、一読してみることをお勧めします。

 

無料カウンセリング オリジナルプラン 育毛メソセラピー(1回)
14,000〜21,000 50,000円
場所 補足
全国45院 全国に店舗が展開されているので通いやすい!

 

ヘアメディカル

全国の4大都市に開業している人気AGAクリニックです。国内治療実績135万人という治療実績があり、多くの患者さんの発毛を行っています。一人一人に合ったオーダーメイド治療を行ってくれるのも大きな特徴です。

 

無料カウンセリング AGA内服・外用薬治療(1ヶ月あたり) 育毛メソセラピー(1回)
11,000円〜 -
場所 補足
東京/名古屋/大阪/福岡 治療実績が豊富!

 

湘南美容外科クリニック
ルネッサンス_悩み系

★お得なトライアルキャンペーン実施中!★
フィナステリド初回1か月分が1,800円に!

 

湘南美容外科クリニックでは、プロペシアの処方だけではなく、自主植毛にも力を入れており、ロボットを用いた世界生先端技術による「ARTAS植毛」を受けることが可能です。自主植毛を検討している場合は、チェックしてみましょう。

 

2回目からは来院せずに薬が受け取れる『スマホ通院』も実施しているため、毎月の通院が負担になる方も安心して利用できます。

 

無料カウンセリング AGA内服・外用薬治療(1ヶ月あたり) 育毛メソセラピー(1回)
1,800円〜 69,800円
場所 補足
新宿/福岡/大阪/仙台/その他計25院 お得なキャンペーン開催中なので安く治療を始める方に!

 

若ハゲ治療のために病院に行ってきました!

 

24歳にして生え際のM字が気になり始めてしまったので、ネットで調べて皮膚科を受診することにしました。

 

父親も祖父も薄毛なので、いつか自分も薄毛になるとは思っていましたが、まさかこの年齢で生え際の後退が始まるとは…。

 

はじめはなかなか薄毛を受け入れられなくて、鏡を見ては「まだ大丈夫…」と見て見ぬふりをしていたんですね(汗)だけど、時間だけが過ぎてどんどんひどくなってきたので、若ハゲ治療のために病院を受診することにしました。

 

私が住んでいるのは地方なので、近所にAGA病院やクリニックはありません。
ですが、薄毛治療薬のプロペシアを取り扱っている皮膚科が近所にあったのでそこを受診することにしました

 

今回は、若ハゲ治療のために皮膚科を受診した場合、どのような流れで診察が行われるのか詳しくお伝えしていきます。また、皮膚科を受診すべきか、AGA病院を受診すべきかの違いについてもまとめました。

 

【※既に薄毛がかなり進行してしまっている場合】
既に生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行してしまっている場合、皮膚科ではなくAGA病院・クリニックでの治療を行いましょう。詳しくは次の記事でまとめています。

若ハゲの薄毛治療を受けられるAGA病院・クリニックを徹底解説【後悔しない発毛治療の進め方】

 

若ハゲ治療のために皮膚科を受診してみた

 

近所にあるプロペシアを処方している皮膚科を受診してみることにしました。

 

病院に入り、受付のお姉さんに、「今日初めて来たんですけど…」と伝えると、問診票を渡されました。

 

AGA治療を行っていることをホームページで記載されているだけあり、問診票にもAGAにチェック欄がありました。気になることという欄には、「AGAが気になる。抜け毛が気になる」と正直に書きました。

 

受付で「薄毛が気になるのですが…」と言わないといけないと考えていたのですが、問診票に書くだけで大丈夫でした(^^)

 

他の患者さんがいる中で、「薄毛が気になるのですが…」っていうのは、かなり躊躇しますよね。この年齢で薄毛で悩んでいるのは、できるだけ隠したいですからね…。

 

診察室に呼ばれたので入ると、先生が機械でピッピっと頭の周りを何かしていました。そのあとに、生え際の後退を見せたり、問診していただきました。

 

先生から「まだ年齢も若いし、薄毛もそこまで進行していないけど、薬どうしますか?まだ飲まなくても大丈夫だとは思うけど」と言われました。

 

事前にネットで情報収集した限りでは、「適当に問診して薬出されるだけ」っていうのを見ていたので、びっくりしました。

 

いろいろと薄毛についての話をしていただいて、まだプロペシアは服用しなくても大丈夫だという意見も頂きました。

 

皮膚科の先生の意見を鵜呑みにして、プロペシアは処方してもらわずに、帰宅することにしました。また薄毛が気になったらいつでもおいでと心強い言葉も聞けましたしね。

 

若ハゲ治療は誰もがプロペシアを飲めばよいということではない

 

私も実際に皮膚科に行ってわかったのですが、誰もが若ハゲ治療としてプロペシアを飲めば良いってことではないみたいですね。

 

プロペシアはあくまでも薬なので、副作用の恐れもありますし、一度服用し始めたらずっと飲み続ける必要があります。

 

私の場合、24歳だったので仮に50歳まで飲み続ける場合、25年以上の毎日飲まないといけないですからね(汗)

 

薬なので内臓への負担もありますし、金銭的にもつらいですからね。

 

なので、若ハゲが気になってプロペシアを服用しようかどうか悩んでいるなら、とりあえず専門医を受診することをオススメします。私のように、まだ飲むほどでもないということを専門医から意見もらえるかもしれませんし、すぐにでも飲み始めたほうが良いと処方してもらえるかもしれませんからね。

 

やはり、素人判断でいろいろと悩んでいるよりも、専門医の話を聞いた方が早いですし適切ですからね。

 

若ハゲで既に地肌が露出しているならAGA病院・クリニックで発毛治療をはじめましょう!

 

私の場合、薄毛に気づいたのがかなり初期だったようで、皮膚科の先生からも、まだプロペシアを飲まなくても大丈夫!と言われました。自分では、かなり気になっていたのですが、この一言でかなり楽になりました。

 

しかし、人によっては20代や30代の若ハゲでもかなり進行してしまっている方もおられるかと思います。たとえば、生え際のM字がくっきりと露出していたり、頭頂部のつむじ辺りに髪がほとんどないなど…

 

このように薄毛が進行してしまっている場合、皮膚科での治療では不十分なことがあります。

 

そのため、”発毛治療”を行うためには、必ずAGA専門クリニックを受診することが重要です。

 

皮膚科とAGA専門クリニックの治療内容の違い

 

 

皮膚科とAGA専門クリニックでは、薄毛治療の内容が大きく異なっています。それぞれの治療内容の違いを分かりやすく図にしてみましたので参考にしてみてください。

 

皮膚科

AGAクリニック

治療効果

抜け毛の抑制(現状維持)

発毛+抜け毛の抑制

治療方法

プロペシアの処方

プロペシア・ミノキシジルなどの薬の処方/ビタミン類などのサプリ/育毛メソセラピーなど

検査

なし

血液検査/遺伝子検査など

 

上図の通り、皮膚科での薄毛治療は、単にプロペシアを処方するだけとなっています。(病院によっては、フロジン液を販売しています)

 

プロペシアは、若ハゲの原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、抜け毛を抑える効果があります。しかし、プロペシアだけではすでに薄毛が進行している部位の発毛は期待できません。

 

そのため、皮膚科での薄毛治療は、現状維持ということになります。

 

一方AGA専門クリニックでは、プロペシアに加え、ミノキシジルの飲み薬や外用薬、さらには発毛効果が90%以上もある育毛メソセラピーも実施しています。ミノキシジルは、国内で唯一発毛効果が認められている薬です。育毛メソセラピーとは、頭皮に直接「ミノキシジル」「フィナステリド」「成長因子」などの発毛成分を注入する方法です。

 

これらの治療を施術しているため、皮膚科とは違い、しっかりと発毛効果も期待できるのです。

 

このように、既に若ハゲが進行してしまっている方の場合、AGA専門クリニックで適切な治療を受けることが必要となります。

 

AGA専門クリニックでは、「無料カウンセリング」を行っている病院も多いため、気になる場合、まずは無料カウンセリングを予約することをおすすめします。

 

皮膚科では、単にプロペシアの処方されるだけですが、AGA専門クリニックでは専門医による問診や検査などで、確実に薄毛治療をしてくれるので安心して治療に専念できますよ。

 

AGA専門クリニックについては次のページでも詳しくまとめているので是非、参考にしてみて下さい。

 

>>> 若ハゲの発毛治療を行えるのはAGA専門クリニックだけ!

 

 

若ハゲ治療で病院に行かなくても自宅で対策はできる

 

現在私は、プロペシアを服用しないで自宅で薄毛対策に取り組んでいます。

 

皮膚科の先生から「まだプロペシアを飲まなくても大丈夫」と言われましたが、やはり生え際の後退は多少なりとも気になっています。

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛は、放置していても酷くなる一方なのでできることはやっておきたいですからね。

 

私が取り組んでいる若ハゲ対策は、育毛剤・育毛サプリメントを使った対策です。プロペシアやミノキシジルと違って、副作用の心配がないので安心して取り組めていますよ。

 

今のところ育毛剤とサプリを使った方法で、なんとか維持できているのでとても満足しています。

 

もし、薄毛が進行してしまったら、また皮膚科を受診してプロペシアを処方してもらえばいいだけですから精神的にも楽です(^^)

 

私と同じように生え際の後退や頭頂部の薄毛など、若ハゲで悩んでいるなら、まずは専門医を受診することをオススメします。

 

  • 専門医を受診するのはちょっと嫌…
  • プロペシアなどの薬を使うのは嫌…

 

という場合は、とりあえずは自宅できる育毛剤・サプリを使った対策に取り組んでみてはどうですか?

 

私も取り組んでますが、多くの人が実感されているので、取り組む価値は十分ありますよ。

 

若ハゲは放置していて突然改善することはないですし、むしろどんどんひどくなる一方なので、気になり始めたらできるだけ早く対策しないと手遅れになっちゃいます…。

 

若ハゲ対策におすすめの育毛剤については、次のページで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

>>> 若ハゲ 対策